FC2ブログ

地固め療法 1クール目の結果

ここ3週間でやってきたのが、「地固め療法 第1クール」です。
最初の1週間で強めの抗がん剤を入れ、数週間様子を見て現在に至ります。





当初は1か月ぐらいはかかるだろうと見込んでいたのですが、今回は肝臓のダメージが少なく38℃以上の高熱も出ずに済んだので3週間で終わりました。






その結果が…


地固め療法1クール目CT 比較2 地固め療法1クール目CT 比較 



右側が地固め療法1クール目に入る前のCT画像、左側が地固め療法1クール目終了後のCT画像です。
上段が胸部の上部、下段が胸部の下部に当たります。
段々とCTのどこからどこまでが腫瘍なのか素人目には分からなくなってきました。








ただ、右列のCT画像では中央に白く映っている丸2つ(おそらく大動脈や血管です)の左側にぽこっと出ている黒い影が左列の画像では大体三分の一位まで小さくなっているのが分かります。
この小っちゃくなったあたりのところが腫瘍のようです。









腫瘍がまだ残っていることは分かるのですが、ぶっちゃけどこからが普通の人間の身体にある組織でどこからが腫瘍なのかもイマイチ素人目には区別がつきません。
ただ、よく見ると右列では腫瘍によってちょっと潰れていた何らかの血管が丸い形を取り戻しつつあるようですしいい方向には行っているようです。








初期 CT2016 05 30 CT 上部
 
まあこうやって初期状態と比較すると、

小っちゃくなったことは一発で分かるのですが…



ということで地固め療法1クール目の治療効果は現れたようで何よりです。
何せ初期の腫瘍が大きかったので完全寛解にはまだ時間がかかりそうですが…



今後の治療も頑張っていきたいです!
スポンサーサイト



外泊②

前回の記事で書いた通り、土曜日曜と外泊をすることが出来ました!


3週間ぶりの外の世界だったのですが、すっかり暑くなっていて半袖の人がいっぱい歩いてるのは何だか変な感じでした笑

普段は、クリーンルームで常時26℃の環境ですし、雨の日も晴れの日もあんまり関係ないので新鮮です。



やはり、自宅といえども外にいる時の心境と病院にいる時の心境はちょっと違います。






病院にいる時は治療が最優先ですし、どうしてもネガティブになりやすい環境なのでポジティブにしていようと色々なことをやっています。



ネガティブにならないようにするための一番簡単な方法は「常に何かしら時間つぶしをやっている」ことだと思います。
朝起きた瞬間から夜寝る直前まで常に何かをしていると、不安に思う暇がないのでネガティブになりにくいです。




一方、外の世界に戻ると普通の健常者の方が沢山いるので、「いいなぁー」と思うと同時に「自分も元に戻るために色々やらなきゃなぁ」と普段はただただ潰している時間の活用法を考えたりします。

まぁ、それを実行するのがなかなか難しいのですが汗…




たまに、外泊がめんどくさいと思って取りやめてしまう方もいるらしいですが、僕はぜひ外泊するべきだと思います!


病棟から出るだけでもかなりの気分転換になりますので!

血球回復

ついに、長いこと続けていた血球回復の注射の効果が表れて白血球の値が回復してきました!




一昨日500位しかなかった白血球が昨日1500程度とちょっとした上昇を見せ、今日には5300と基準値内まで一気に回復しました!




しかも、前回とは違い大きな発熱や腰の激痛もありませんでした。

成分はたいして変わらないのですが、前回使った薬と製薬メーカーが違う注射を使ったらしく…
もしかしたらそのおかげなのかもしれません!



多少腰が重いかなぁ…という位の被害で済んだのは何よりです。
前の時は、起き上がれないほどの激痛だったので…



これを受けて明日明後日で再び外泊することが出来ることになりました!
またしても急に決まったことで、思ったよりも早かったです。




また週明けにCTで様子を見つつ次のクールに入っていくことになりそうです。




とりあえず地固め療法最初のクールは終わりを迎えそうです。


抗生剤の点滴

骨髄抑制の時期にはどうしてもが出やすくなってしまいます…




もちろん感染予防のためにクリーンルームにも入っていますし、手洗いやうがいもやっているのですがどうしてもそれだけでは防ぎきれません。





というのも、人間は口なり胃腸なりにある程度細菌を飼っていて普段は自分の免疫で抑え込んでいられるのですが、白血球の数が少なくなるとそいつらを抑え込めなくなってしまって結局熱が出ちゃうみたいです。




さすがに身体の中までクリーンに保つことは出来ないのである程度は仕方がない感じです…





状況によって変化はするのですが、今だと37.5℃以上の熱が出た時点で細菌検査の採血と抗生剤の投与がスタートします。





細菌検査の採血は通常時の検査の採血よりいっぱい取るのでなかなか大変です…
CVが入ってから多少楽にはなりましたが、それでもCVと腕からそれぞれ採血しなければならないので大変です。






抗生剤も数種類点滴をします。3種類の抗生剤をそれぞれ1時間ずつ投与するのでめんどくさい感じはあります。
ただ、効果は抜群で38℃以上の高熱が出た場合でも大概次の朝には37度代の微熱まで戻ってくれます。






しかし、よく考えるとやっぱり抗生剤というのも優秀な薬ですよね!



ちょっと前に江戸時代にタイムスリップしたお医者さんの話の「仁」というドラマがかなり高視聴率を取って話題になっていましたよね!
あの中で主人公がなんとか作ろうと奮起している「ペニシリン」という薬が世界初の抗生剤です。





史実ではフレミングというおじさんが1900年代に作った薬なので「仁」の世界では主人公が最初の発明者ということになるわけですが…







普通の薬は脳や体の器官に呼び掛けて自分の免疫や機能を高め、その力を利用して疾患を治すわけですが、骨髄抑制期など自分の免疫機能自体が落ち込んでいる時にそのような薬を使ってもあまり意味はありません。






細菌は地球上にかなり前から住んでいた生物です。
細菌類から植物や動物が進化していったといわれています。



比較的原始的な細菌と植物には細胞壁という固い壁が細胞の周りについているのですが、動物にはその壁は存在せず細胞膜という膜に覆われているだけです。
細菌は細胞壁があるおかげで自分の形を維持できています。





抗生物質は、この細胞壁を壊す薬です。
これを使うと体内にいる細菌の細胞壁は破壊されてしまい、死んでしまうわけですが人間の細胞は一切ダメージを受けません。
人間は動物で細胞壁自体が存在しませんから当然といえば当然です。










仕組みはごく単純なのですが、単純なほどミスも少なく副作用もほとんどありません。
患者としては本当にありがたい薬です。


内出血

骨髄抑制の時期を迎え、血小板の値が下がると厄介なことになってしまいます。




ここ数日は骨髄抑制期の底を打っているので特に警戒しなければいけません。



通常15万~30万存在する血小板ですが、現在の値は6900しかなく「ほぼ血小板無し状態」と言っても過言ではありません。




血小板は血を固めるために重要な成分なので、血小板が低い時には基本的には血が止まりにくくなります。





少し口の中を噛んでしまったりすると普通は少し傷がつく程度ですが、今は血豆のようなものが出来てしまいます。






また、異様に衝撃に弱くなります。
痒いところがあるからといって少し強めに掻いたりすると跡が赤く残ってしまいますし、どこか軽くぶつけただけでもすぐに内出血になってしまいます。





身体的には動けないわけではないのですが、「万一怪我をすると」と考えるとあまり動くわけにもいきません。






まぁ、ずっとこの状態が続くわけではなく1週間程度の我慢なのですが、早く回復してほしいものです…



NCI(米国国立がん研究所)

世界のがん研究の最前線にいるのは、現在アメリカ合衆国です。
アメリカでは、がんが死亡原因の第2位になっているので真剣な研究が行われています。







そんな中でがん研究の中核を担っているのが、NCI(アメリカ国立がん研究所)です。
現在世界にある多くの抗がん剤や療法がここから生み出されました。


がんとの闘いは人類共通の課題でそこに国境はありません。

つまり、NCIはアメリカのがん研究の中核であると同時に世界のがん研究の中心でもあるのです!




そんな中、今アメリカのがん研究界で一番の話題になっているといっても過言ではないのがいわゆる”Moon Shot"です。



オバマ大統領が去年の暮れに国会で発表したもので、話題を呼んでいます。



アメリカが誇りにしているものの代表例としてよく挙げられるのが「人類で始めて月面着陸を成功させた」ということです。
いわゆるアポロ計画で1969年にアポロ11号が月面着陸に成功しました。






アポロ計画にしろ何にしろ国家的プロジェクトに一番重要なのは、結局のところ”お金”です。
何だか残念な気がしますが、世の中お金がないとなかなか動けないことが多いです。







そこで、オバマ大統領は「アメリカはがんをなくすために新しいアポロ計画を実行する」と宣言したのです。
今後5年間で10億ドル(約1110億円)をNCIを始めとするがん研究にあてると発表しました。





1つの病気に対してこれだけの額の金額がつぎ込まれることは珍しいことです。

要はほぼNCIだけで1日6000万円かけてがんの新薬開発が進められることになります。







これからどんな成果が出てくるかが楽しみです!

参考:http://www.nbcnews.com/health/cancer/time-right-obama-s-ambitious-cancer-moonshot-experts-say-n495781


CVの問題

更新が滞ってしまいました…
特段大きな問題があったわけではないのです。純粋な怠慢です…




さて、現在の僕は骨髄抑制の真っ最中です。
大体骨髄抑制というものは抗がん剤投与後1週間位で起きます。
今は、白血球の値が400とかなり少なく、丁度底値を打っているような状態です。
ただ、また少しずつ腰が重たくなってきたのでそろそろ上昇に転ずるかといったところです。





この期間に気をつけなければならないのは、感染症と怪我です。




言うまでもなく免疫機能が落ち込んでいるので感染症には注意しなければなりません。




そして、もう一つが怪我です。



寛解導入療法期にはそこまで下がらなかったのですが、今回の骨髄抑制では赤血球や血小板の数も減少しています。
血小板は血を固める働きを持っているのでそれが少ない今怪我をしてしまうと出血が止まりにくくなってしまうのです。
それは、ちょっと怖いです。





CV(中心静脈カテーテル)の方にも血小板の値が下がったことでちょっとした問題が起きています。



それは、出血





大量に出ているわけではないのですがCVの刺さっているところからじわじわと血が漏れ出すことがあります。
普段なら止まるであろう規模の出血も血小板の値が下がったことでうまく処理できなくなっているといった感じです。






ここ数日は厳重警戒が必要です…

人類とがんとの闘い

科学技術ほど進歩が速いものはなかなかないと思います。
ここ数年だけでも、ウェアラブル端末だとか人工知能だとか様々なものが発達していっています。



前に「近代医学のチカラ」という記事で書いた通り21世紀は「生物」の時代だといわれています。
その中でも、がんは先進国の中で注目度が高い病気です。




がんとの闘いで現在最先端を行っているのはアメリカです。
そもそも、「抗がん剤」という発想はいかにもアメリカンチックです。
「自分の細胞に多少なりともダメージを与えるけれど、敵を倒すためには仕方のない犠牲だ。」
というジャックバウアー的な考え方のもとがん細胞をぶっ飛ばしていくわけですから。





ただ、日本も負けているわけではありません。
日本は日本なりのアプローチでがん克服に挑んでいます。




「がんが今すぐ治るダイレクトな方法が分かるわけじゃないけど、人類的にがんに打ち勝ちつつある状況が分かる」という記事を「最新がんだより」というカテゴリーでまとめていくことにします!




暇つぶしに読んでみてください!



暇つぶしと受験の話

入院生活は、やはり基本的にはヒマな時が多いです。
副作用が出て少し気持ちが悪かったり倦怠感があるときは、一日の大半を寝てるのでまだいいのですが、ずっとそういう感じなわけではありません。




病棟ないしは病室から出れないけれども、眠いわけでもないという期間が長いです。



強制引きこもり生活をやっているようなものです。



ただ、最近は便利なもので基本的にインターネットにつながっていれば大概のことは出来てしまう時代なので、思ったよりも長期の入院生活には苦労しないのも事実です。



例えば、テレビドラマやバラエティ番組だったらhuluU-NEXTAmazonプライムビデオなどのサービスを利用すればかなり楽しめます。
月額1000円前後で見放題なのでDVDをいちいちレンタル・返却する必要もなく安いです。



そういうサービスに載っていない最新映画を見たい時でもiTunesで映画を配信しているので問題ありません。(ただし、レンタル1本500円とちょっとお高めなのですが…)



その他にも言う間でもなくAmazonなどのネットショッピングを利用して大概のものは手に入れられます。




さらに、最近ではインターネットがあれば授業も受けられます。
TEDなどのクリエイティブな感じのやつもありますが、やはりスゴイのはスタディサプリ(旧受験サプリ)だと思います。
何かやたらとバナー広告に出てくるのでウザったいのですが、僕は受験生時代からお世話になっていました。




「月額980円(確かそれ位?)で予備校の授業が受け放題」というのが基本です。
最初登録した時は大学生のバイトか何かが授業やってるのかと思って一応無料登録だけしましたが、そうではなく講師陣は普通に他の大手予備校にも出向しているような講師陣でした。
この授業が、思ったよりかなり分かりやすく受験生時代には積極的に使っていました。






ここからは、がんは関係なしにちょっと受験の話を…




そもそも、N-tomoは受験生時代多塾併用型のスタイルをとっていました。
個人塾(個別指導方式)
東進ハイスクール(映像授業方式)
東進東大特進コース(100人規模の大授業)
Z会東大進学教室(数人~十数人の小規模授業)
駿台添削講座(詳しい名前を覚えてないですが、郵送・添削)
受験サプリ




中には、単に「安かったから」とか「何たら特待でどうのこうの」というのだけで利用したのもありますが…



正直言って東進ハイスクールは、内容は悪くはないのですがあまりにも高すぎました。
一つの講座(例えば、英語なら90分授業×20講座)を取るごとに¥72000かかります。
授業は、映像授業なので直接先生と話すことは出来ません。



大体「通期」の授業というものを設定するわけですが、例えば世界史の授業を取るとしたら
1学期(20講座)→夏期(10講座)→2学期(20講座)→冬期(10講座)
で、それぞれお金が発生します。
夏期と冬期がいくらだかは忘れてしまいましたが10講座で数万円はかかります。



世界史なんかは途中を吹っ飛ばすと「中国史は漢までしか分かりません!」みたいなことになちゃうので全部取るしかないです。
そうすると1教科うん十万円になってしまいます。




コンテンツは、試し見もできますが正直言って当たりはずれが大きいです。
良い先生のものは分かりやすいですし、良いです。
(ただし映像を収録したのは数年前の古いものが多いですが…)




ただ、「数授業見るとその分は解約できない」とか何だとかなので良かろうが悪かろうが結局見ることにはなります。




映像授業だとどうしてもダレがちなので、それをサポートするために週1回グループ面談も開催されます。あと、校舎間で成績を競っているらしく熱気はすごいです。





なので東進ハイスクールは、「時間の融通が効きやすい映像授業がいいけど、自分だけではやる気を維持できる自信がない」場合に通うのがいいと思います。
基本、映像授業の利点だけ利用したいならスタディサプリで問題ないです。




スタディサプリなら万一失敗しても月1000円の損するだけで済みますし…




一方、東進の東大特進コースは東大受験生なら登録をおススメします!
模試でいい判定が出れば特待生認定を受けることが出来、1講座1000円弱のテキスト代だけで先生の生授業を受けることができます。
不定期開催ですが効果もかなりあり、特に林修先生の生授業は効果抜群だと思います。




まぁ、こう言いつつ「結局お前落ちたじゃねぇか」と言われるとそれまでなので、難しいデスネ


結局のところ信じるか信じないかはアナタ次第…といったところです。




ついつい熱くなって、イマイチ誰に向けて書いてるのかよく分からない記事になってしまいましたが受験生の方々はコンテンツをうまく利用して合格を勝ち取ってきてください!




弾切れの予感

ここ1週間ほどN-tomoの地固め療法1クール目の様子を何となく書いてきたわけですが、


「地固め療法1クール目」という記事にも書いた通り今回のクールは、最初の1週間で一気に抗がん剤を投与し、骨髄抑制や肝機能の様子を見ながら数週間待機し、また次の地固め療法のクールを始めるのを待つといった感じです。



つまり、日曜日で抗がん剤投与(キロサイド7日間投与)は終了しまして今後数週間は様子見の日々が続きます。




と、ここまで何とか踏ん張ってきたわけですが、

早くもそろそろ限界が…









あ、治療の限界ではありません。そっちはまだまだ頑張ります。










ブログの限界です笑








まあ要するに初期に立てた「一応小っちゃい記事になったとしても毎日ブログ更新をしようの方針」です。
もうすでに完遂出来てはいないのですが…汗





現況は基本的に入院をしていて、見ている景色は毎日大体一緒です。
ここ数か月は外泊を除いて病棟から出ていないので、まぁ行けるところというとせいぜい病院に併設されているコンビニくらいなものです。








また、クリーンルームは「他の患者さんと一緒だったらクリーンではなくなってしまう」ので言うまでもなく個室です。つまり、交流もあまりなし。






じゃあ、「今日のN-tomoの晩御飯です」とかを写真撮って毎日紹介するブログとかにするかというと、それはちょっと違いますのです。




このブログを始めたきっかけというか究極のコンセプトは
「後々(もしくは現在)自分と同じ病気で闘っている(もしくは闘うことになってしまった)人の参考になること。そして、その方たちがナーバスになることなく逆に見てて元気になれるようなブログ」という事です。




つまり、このブログはN-tomo的には「見返してみてスマートなブログ」がいいわけです。
そこに、ネタが切れて「今日食べたプリンの話!」とかぶち込むと訳分からなくなってしまうのでそれをやるわけにはいきません。




かと言って「できるだけ毎日更新」の方針もあんまりぶらしたくもないので、今後はしばらく色々なことを書いては迷走するのを繰り返すかもしれません。





もちろん、「がん」というテーマからはなるべく外れず、少なくとも「なんとなく元気になれる」「役に立つ」というテーマだけは死守していきたいですが…






何はともあれ、今後も大らかな心でご覧下さったら幸いですm(__)m

プロフィール

cancerfighter18

Author:cancerfighter18
N-tomo 18歳(罹患時)
(2016年に闘病していました。2019年現在、全然元気です。)
(病名:T細胞性リンパ芽球性リンパ腫/白血病)

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
がん闘病ブログ
ガンと闘う他の方のブログはこちらから!
にほんブログ村 病気ブログへ
にほんブログ村 病気ブログ がんへ
にほんブログ村 病気ブログ 悪性リンパ腫へ
にほんブログ村 病気ブログ 白血病へ


ブログランキング
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる