FC2ブログ

寛解導入療法

さて、この病気の治療としては化学療法が中心になります。

化学療法とは、つまり抗ガン剤治療という事ですね。

ガンには3大治療法なるものがあるそうで、化学療法・放射線治療・手術の3つだそうです。

ただ、このような白血病/悪性リンパ腫などの血液系の病気では化学療法が効きやすいので化学療法を中心に行うのであります!




抗ガン剤…

「怖さの極み」みたいなイメージですよね。
少なくとも僕はそうでした。

だって、ドラマとかでよく抗ガン剤でゲロゲロ吐いて苦しくて辛くてもうその副作用で殺されるわ!みたいなシーンがよくあるし…



でも、コイツらしかこのガンを倒せるヤツはいまのところいない訳ですから頑張ってもらわねばなりません!

という事で、参考までに僕の寛解導入期の抗ガン剤のメンバー紹介を。

❶オンコビン
25mlの注射器で注入する型の珍しい(?)抗ガン剤です。
こいつの一番の副作用は、便秘。なかなかお通じが出なくなりお腹が張りがちになるというものであります。これが意外と困る。
あとは手足の痺れです。僕の場合は、手先がちょっと痺れてしまいました。

❷エンドキサン
透明な点滴で、普通の生理食塩水の点滴とかと見た目が変わらないのであまり抗ガン剤感がありません。
主な副作用は、食欲不振・吐き気・脱毛・骨髄抑制。
抗ガン剤王道コースの副作用でございますな。

❸ドキソルビシン
ビビります。インパクト抜群。
その理由はただ一つ。

色が真っ赤だから。
いかにもな感じのかき氷のイチゴシロップみたいな色をしています。
普通の点滴にはないハンパない抗ガン剤感笑
主な副作用は、むくみや食欲不振です。

❹ロイナーゼ
こいつもエンドキサン同様見た目は生理食塩水と大して変わりません。
副作用は、アナフィラキシーショックやアレルギー反応、肝障害や血液を固める成分の減少です。

ただ、自覚症状としての副作用はあまりないので僕としては"優しめのヤツ"です。

こいつらが毎週月曜日にローテーションで投与されていきます。
メンバーは固定ではなく変動していくのですね。


そして、1週間様子を見てまた次の月曜日に投与。これを約1ヶ月繰り返すのが寛解導入療法であります。
スポンサーサイト



コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

cancerfighter18

Author:cancerfighter18
N-tomo 18歳(罹患時)
(2016年に闘病していました。2019年現在、全然元気です。)
(病名:T細胞性リンパ芽球性リンパ腫/白血病)

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
がん闘病ブログ
ガンと闘う他の方のブログはこちらから!
にほんブログ村 病気ブログへ
にほんブログ村 病気ブログ がんへ
にほんブログ村 病気ブログ 悪性リンパ腫へ
にほんブログ村 病気ブログ 白血病へ


ブログランキング
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる