FC2ブログ

白血球を上げる注射

白血球の値は上がらないと困るので、皮下注射をして上げます。 



これが、意外と痛い(; ̄O ̄)


注射液を注入する時間が長く、インフルエンザの予防接種より痛いので結構キツイです… 

これを何日間か連続で投与していきます。 右腕やったら次の日左腕、その次の日は右腕…といった感じです。

で、しばらくすると白血球の数が上がってくる訳ですがこの時に意外な副作用が… 


第1回目の投与の時には、投与の数日後寝ようかなと思って横になるといきなり腰のあたりに激痛が!!

しばらく待ったら収まるかなぁと思っていたのですが全然収まらず痛み止めを飲みましたが、 効果は一時的でまたすぐに激痛が!! 


結局、オキノーム散という医療用麻薬を投与して2日がかりでなんとか痛みを押さえ込みました… 


原因は、骨髄での白血球の作り過ぎだそうです。
若いせいなのか何なのか、注射に対する造血機能の反応が強すぎて一気に白血球が狭い骨髄の中で増えたせいで骨髄の密度が急に高くなり、激痛になったんだとか。


2回目の投与の後も違う大変事件がありました。

今度は前回のことを踏まえ、抑え目で投与をしていて腰の痛みは無く、腰が少し重いなぁ~位で収まってくれたので良かったのですが、謎の熱がずーっと続きました。というか、続いております。 37度後半~38度前半のあたりを行ったり来たり行ったり来たり… 

でも、熱が出ているのに食欲もそんなに落ちないし喉や頭も痛くないし、鼻水も咳も痰も出ないし、息苦しさもありません。 細菌検査をやってみても何も出ません。 おそらくこの熱は白血球が増える時に出る熱だろうとのことです。


白血球注射で発熱する場合もあるんですね。この場合、8度台でも患者さんは比較的元気であることが多いんだとか。

確かに、比較的元気です。

そして血液検査では毎日数千単位で白血球が戻ってきています。もう正常値分あるのですが…


でも原因が確定したとも言えず、なかなか熱が下がらないので抗生剤の投与は一応続けなければなりません。 
次の治療にも響いちゃうので早く熱が下がって、というか今は骨髄がもう少し落ち着いて欲しいデス
スポンサーサイト



コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

こうやって毎日の記録を残している事、とても感心します。ウチの長男は40日程の入院の間ずっとゲームばかりでしたw

ブログを見ているとN-tomoくんのリンパ腫の方が治療が大変そう。リンパ腫の種類によって効き目のある抗がん剤が違うんですね。ちなみに長男のリンパ腫はALK+ALCLでステージⅣ、抗がん剤はCHOP療法をしています。副作用は主に味覚消失と神経痛のようです。今のところ白血球の低下が少なく注射は免れています。
先は長いけど頑張りましょう。

Re:

そうでしたか。
いえ、こちらも最近段々と更新頻度が遅くなってきていて…
体調が悪化したとかではないのですが、ブログを習慣化出来てない証拠ですね汗

僕のリンパ腫は、リンパ腫/白血病とある通り悪性リンパ腫なのですが、治療レジメンは白血病の治療に沿って行われるタイプのものです。
なので、比較的強い抗ガン剤を投与していくことになりますし、メジャーなCHOP療法のような標準治療も定まっていません。
Tcellのリンパにも色々種類があるんですね。
細かい種類は違えど同じTcellのリンパ腫ですから、お互い落ち着けるように頑張りましょう!
プロフィール

cancerfighter18

Author:cancerfighter18
N-tomo 18歳(罹患時)
(2016年に闘病していました。2019年現在、全然元気です。)
(病名:T細胞性リンパ芽球性リンパ腫/白血病)

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
がん闘病ブログ
ガンと闘う他の方のブログはこちらから!
にほんブログ村 病気ブログへ
にほんブログ村 病気ブログ がんへ
にほんブログ村 病気ブログ 悪性リンパ腫へ
にほんブログ村 病気ブログ 白血病へ


ブログランキング
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる