FC2ブログ

50/50 フィフティ・フィフティ

入院中は基本的にヒマですが身体を動かすスポーツとかをやるわけにはいきません。
ただ、テレビはありますし、パソコンやスマートフォンの持ち込みもできます。
なので、できる範囲の中で何とか暇をつぶしつつ治療をやっていくことになります。




国立がん研究センター中央病院にはこの4月から入院患者専用で使える無料のWi‐fiが完備されてさらに快適になりました!
そんな中で暇つぶしのレパートリーの一つが映画鑑賞です。
普段はそんなに映画を見る方ではないのですが、こういう時だからこそですね。





色々と見たは見たのですが、その中でも
「50/50 フィフティ・フィフティ」という2011年制作の映画は印象が強かったです。
扱っているテーマは「がん」です。

なかなか、がん映画って珍しいですよね。



27歳の主人公アダムがある日ちょっとした腰痛を気にして、病院に行きレントゲンを撮ってみると脊髄癌(悪性神経鞘腫)という5年生存率50%のがんであることが判明して…
というお話です。




この映画のいいところは、「がん」というテーマを扱っているのに明るいコメディ的な要素がいっぱい入っているところです。







そして、ネタバレになってしまいますが
主人公が助かるというところがいい所です。




どうしても「がん」関連の映画やドラマだといわゆる「お涙頂戴もの」になりがちで、主人公が最終的に天国に旅立ってしまうケースが多いです。
健康な人が普通の精神状態で見る分にはそれはそれで素晴らしいのですが、現在進行形でがんと闘病している人がそのようなものを見るのは、ちょっとキツイものがあります。自分と重ねちゃって落ち込んでしまうような…




でも、この映画は終始人間模様を描いていて比較的明るいですし、最終的には主人公ががんに打ち勝つので自分と重ねても落ち込むようなことはありません。やはりそこが、脚本家さんの実体験に基づいているという所以なのでしょう。


闘病中の方でもそのご家族の方でも興味のある方はぜひ!!
http://5050.asmik-ace.co.jp/

スポンサーサイト



コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

初めまして

初めまして、穐と申します。

私は、<がん>ではありませんが、厄介な疾患と戦っています。
お若いのに病気と真摯に向き合うご様子には、こちらが励まされています。

入院経験はあるので、暇なお気持ち解ります!
案外、やる事というか、出来る事が少ないですよね。

私も、この映画観ました。
N-tomoさんの仰るとおり、この映画の良い所は、ハッピーエンドってところですよね。
哀しいい結末を迎える映画は、作品としては良くても、どうしても、晴れ晴れとした気持ちにはなりきれません。


画面の向こう側からですが、寛解まで応援しています。

Re: 初めまして

> 初めまして、穐と申します。
>
> 私は、<がん>ではありませんが、厄介な疾患と戦っています。
> お若いのに病気と真摯に向き合うご様子には、こちらが励まされています。
>
> 入院経験はあるので、暇なお気持ち解ります!
> 案外、やる事というか、出来る事が少ないですよね。
>
> 私も、この映画観ました。
> N-tomoさんの仰るとおり、この映画の良い所は、ハッピーエンドってところですよね。
> 哀しいい結末を迎える映画は、作品としては良くても、どうしても、晴れ晴れとした気持ちにはなりきれません。
>
>
> 画面の向こう側からですが、寛解まで応援しています。

コメントありがとうございます。
闘病中の生活は治療があるとはいえ、やはり基本的にはヒマですよね。
ただ、ヒマでも精神的には不安定なことも多々なので悲しいのはなかなか…
なので、この映画は良かったです。

まだまだ未熟ですが今後もよろしくお願いします
プロフィール

cancerfighter18

Author:cancerfighter18
N-tomo 18歳(罹患時)
(2016年に闘病していました。2019年現在、全然元気です。)
(病名:T細胞性リンパ芽球性リンパ腫/白血病)

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
がん闘病ブログ
ガンと闘う他の方のブログはこちらから!
にほんブログ村 病気ブログへ
にほんブログ村 病気ブログ がんへ
にほんブログ村 病気ブログ 悪性リンパ腫へ
にほんブログ村 病気ブログ 白血病へ


ブログランキング
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる