FC2ブログ

お久しぶりです

お久しぶりです。N-tomoです。
まずは、色々な方々から温かいお言葉をいただいていたにもかかわらず、ブログを完全放置してしまっていたことをお詫びします。本当に申し訳ありませんでした。



ブログ初期の高い志は何処へやら時間が経つにつれて更新頻度がどんどん落ちていき、すっかりやる気を失うという体たらくです。
自分も初期の頃色々な方々の闘病ブログを見て、更新が途絶えているのを見ると「もしやこの方は・・・」と思って激しく落ち込んでいたのを思い出しました。
自分がまさにそれと同じことをやってしまっていた感じですね。
闘病記をネット検索している方、「ブログの更新がなくなっていた=悪いことが起きた」ではないパターンも多いです。(このブログもまさにそうです。ブログ継続するキャパがないパターンです)
あまり気落ちなさらないでください。



ということで、何ヶ月更新していなかったかわからないのですが、N-tomoは維持療法に移管しております。
要するに、無事大学に復帰しました!



定期的にCTを撮っていますが、今の所大きな変化はないです。
大学もいたって普通に通えています。あまりハンディキャップを感じる場面は少ないです。強いて言えば、通院のために必修の授業を1個変更してもらいましたが、もともと取らなければいけなかった教授はエグいという噂だったのでむしろラッキーな感じです笑
ウィッグはまだつけていますが、夏前にはそれも取れればいいかなぁと言った感じです。



通院は2、3週間に1回行なっています。3ヶ月1クール×5クールなので1年ちょっとはかかりますが重要な治療なので欠かせません。点滴の抗がん剤を3ヶ月に一回+飲む抗がん剤のペアです。点滴の抗がん剤を打った翌日くらいまではさすがにちょっと気持ち悪いですが、2日も経てば平気になってきます。(今週の水曜日も2クール目の点滴を打ちましたが、割と平気でした。)



他の病棟のことはよく分からないですが、少なくとも僕が入院していた病棟の若い患者さんはみんな退院しているそうです。(看護師さんに聞いた話です。少なくともその看護師さんが移動になってきてからは的な)このブログを読んでいる方が患者さん本人なのかご家族なのかご友人なのか分からないですが、大丈夫です。



入院中は、頑張らないことが一番大切ではないかと思っています。
どうしてもあれこれ色々なことに気を使いたくなるものですが、真面目にあれもやろうこれもやろうと頑張って自分に足枷をつけることが、結果としてストレスになってしまうのではないかと思います。
入院中の世界というのは、外の世界とはやはり全然違います。
病院の中というのはどんよりとした空気が流れがちですし、気分を高めろと言っても難しいです。外の環境では頑張ったり気を使うことができる事柄であったとしても、病院の中で同じことをしたら余計なストレスになりかねません。



だからこそ、入院中という期間が決まった間くらいは自分の好きなことを好きなだけやればいいと思います。読書であれ、テレビであれ、ゲームであれなんでもいいんだと思います。時間だけは腐るほどありますから、一生分のインドア娯楽をやってみてもいいと思います。
今生きている瞬間・刹那を楽しく生きるのもアリかななんて思います。



ネットを検索すると、がんに効くという文句の色々なもの(スピリテュアル系から薬に至るまで)が色々と出てきます。僕はどれが効くかではなく、それが効くとどこまで信じられるか次第だと思います。そういうものに手を出すことが必ずしも悪いこととは限りません。例え、客観的にみて効果がないものであったとしても本人や周りの方々がそれを拠り所に、支えにできるのならば、その安心感に対して投資していると考えることもできるからです。ただ、ハマりすぎると前記のようにそれが義務になってしまって足枷・ストレスにもなりかねないので注意が必要だと思います。
(そう言いつつヤクルト400・ミルミルSはよかったです。オンコビンの下痢・便秘に悩まされなくなったのはあれのおかげだと自分では思っています。ステマしたのでヤクルトさんお金ください。待ってます)



では、頑張りすぎずに治療乗り切っていきましょう!
(怠慢なのでまたいつ更新するかわかりません。気が向いたらまたやります。更新ない時は大学行ってるということでお願いします)

スポンサーサイト



コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

承認待ちコメント

このコメントは管理者の承認待ちです

承認待ちコメント

このコメントは管理者の承認待ちです

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

承認待ちコメント

このコメントは管理者の承認待ちです

私、同じ病気で今は私も維持療法中です。ブログで同じ病気を見つけて、ブログを見させていただきました。
お互い頑張りましょうね!

同病者です。

同病者です。
2008年に肺のびまん性大細胞型B細胞性非ホジキンリンパ腫 病期ⅣBと診断され
R-CHOP治療を受けました。
2013年完全寛解宣言を受けましたが
2014年、脳転移をしてしまいました。
今度は、メトトレキセート(MTX)大量化学療法を受けました。
通常は、3クールを受けた後、放射線照射治療で終了とするそうですが、
私の場合は、放射線を行うと70%の割合で、痴呆症になるそうですので、
放射線は行わず、MTXを継続することにしました。
2週間間隔で6回MTXを受けた後、3ヶ月間隔で4回、4ヶ月間隔で3回、
その後は、6ヶ月間隔でMTXを継続しています。
来月も、18回目を受ける予定です。
毎回、1週間入院で、MRIで再発の有無を確認し、レントゲン撮影と心電図で、
心臓、血液や尿検査で内臓機能を確認ます。
それらがOKであれば、MTX治療が開始されます。
このMTXは、第一次大戦の毒ガス兵器からヒントを受け、第2次大戦後、
治療薬となったそうです。(リウマチ治療薬)
脳にはリンパ管は無いそうですが、リンパ腫になるそうです。
又、脳には血液脳関門があり、通常のCHOPなどの抗がん剤は届かないそうです。
でも、MTXを大量に入れると、脳へも届くそうです。
このMTXは、猛毒ですので、投与する時は、必ずナース2名で、一人は防具を装着し、
もう一人は、作業の確認役で点滴機にセットします。
MTXの点滴は、3時間ですが、速やかに体外へ排出しなけば、副作用が出るそうです。
尿として体外排出を行います。
2時間毎に、尿量とPH(ペーハー)を計測します。
尿が、酸性になるとMTXが体内で結晶化するそうです。
又、24時間毎に、血液中の残留MTX濃度を測定します。
24時間後、48時間後、72時間後の残留値が決められていて、それ以下にしなければなりません。
私は、尿量が増えるように、一生懸命水を飲みます。
治療、がんばってください。
応援していますよ。
治療に変化が無くても、ブログに書き込んでください。
やはり、体調が悪くなったのではと心配してしまいます。
WAYGOODの堀内さんも似た病気だったのですが、
1年チョットで、更新が止まってしまいました。
どうしたのかなと思い、Netで調べてみたら、
翌年秋に、亡くなったそうでした。
この病気、完治することは無いそうです。
だから、寛解というそうです。
寛解を続くように心がけましょう。
と云っても、何かをするわけではありません。
体調の異変に敏感になっていれば良いのです。
早期の発見が重要です。
なお、私に関しては、Googleで下記のキーワードで検索すれば得られます。
"悪性リンパ腫を治療の傍ら、自営業を継続”
日経ビジネスの「がんと共に働く 知る・伝える」です。

全部読ませて頂きました

もう2019年なので、貴方が闘病生活を開始してから3年程が経ちます。しかし、私を含む多くの方が血液癌に悩まされ、同じように奮闘していることと思います。
私は31歳で、2019年9月の人間ドックで、腹部リンパ節の腫れを指摘され、骨髄検査や生検の結果、濾胞性リンパ腫 グレード2 ステージ4 ということが発覚しました。
全ての結果が出たのはつい先日で、今まさに6クール中1クール目の抗がん剤治療を行なっています。そして、プランとしては治療期間は2年半となります。

既に大学生活に戻れているという事を知り、大変嬉しく思い、自分も今まで以上に頑張りたいとおもってます。
近い将来、免疫療法などが確立され、より確実に完治できるようになればと切に思います。
貴方の奮闘記は大変心の支えとなりました。ありがとうございます。
プロフィール

cancerfighter18

Author:cancerfighter18
N-tomo 18歳(罹患時)
(2016年に闘病していました。2019年現在、全然元気です。)
(病名:T細胞性リンパ芽球性リンパ腫/白血病)

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
がん闘病ブログ
ガンと闘う他の方のブログはこちらから!
にほんブログ村 病気ブログへ
にほんブログ村 病気ブログ がんへ
にほんブログ村 病気ブログ 悪性リンパ腫へ
にほんブログ村 病気ブログ 白血病へ


ブログランキング
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる